« 高き彼物 写真館にUP! | トップページ | 金曜日の夜は »

2009年12月19日 (土)

2009年独断と偏見の観劇総括だ!

 2009年の観劇予定は13日で全て終了。しかし、今年は観た観た、28本!
         
                                            <独断偏見評価>
日付  劇 団 名           題 名          劇 場     脚本 演出 役者 総合
1/17 東京乾電池    秘密の花園          スズナリ    9.0 8.0 8.6 8.5
3/07 THE GAZIRA      P W Prisoner of War 本多劇場      8.0  8.0  8.0  8.0
3/21  ラックシステム      お弔い                   スズナリ        8.0  8.0  8.0  8.0
4/18  鳥獣戯画            春でもないのに    シアターグリーン 8.2  8.2 10.0  8.9
4/25  椿組                   ささくれリア王          スズナリ        8.5  8.5  8.3  8.9
5/02  渡辺源四郎商店   3月27日のミニラ      スズナリ        8.0  8.5  8.0  8.2
5/23  唐組                   黒手帳に頬紅を      紅テント         8.0  7.5  7.8  8.1
5/30  唐組                   黒手帳に頬紅を      紅テント         8.0  7.5  7.8  8.1
6/13  唐組                   黒手帳に頬紅を      紅テント         8.0  7.5  7.8  8.1
6/22  東京ギンガ堂       新宿パラダイス
                                       歌舞伎町大久保公演特設テント 8.3  8.3  8.5  8.3

6/27  桟敷童子             ふうふうの神様        スズナリ        7.8  8.0  8.3  8.0
7/04  南河内万歳一座   似世物小屋             スズナリ        7.0  8.0  8.0  7.7
7/11  新宿梁山泊         ベンガルの虎           紫テント        8.0  7.0  7.7  7.7
7/17  キャラメルボックス        風を継ぐ者         サンシャイン劇場 8.3  9.0  9.0  8.8
7/18  椿組                   新宿ジャカジャカ  花園神社野外劇  8.0  8.5  8.8  8.4
7/19  子供のためのシェイクスピアカンパニー
                                   マクベス   紀伊国屋サザンシアター 8.5  8.8  8.5  8.3
9/05  オーガニックシアター      人間合格          武蔵野芸能劇場 8.8  8.5  8.6  8.5
9/05  南河内万歳一座   S高原にて             駒場アゴラ劇場 8.2  8.5  8.5  8.4
9/19  青年団               青木さん家の奥さん 駒場アゴラ劇場 8.5  8.5  8.0  8.4
10/24  唐組                   盲導犬                    紅テント        7.8  7.5  8.0  7.9
10/30  唐ゼミ                 下谷万年町物語    特設テント劇場 8.0  8.2  9.0  8.5
11/20  加藤健一事務所   高き彼の物              本多劇場      8.0  8.3  9.0  8.7
11/21  鳥獣戯画 ダンシングオールドディクラブ2 スズナリ       7.0  7.0  8.0  7.3
11/22  劇団かに座          高き彼の物       関内ホール          アマチュア劇団
12/05  弘前劇場             アグリカルチャー       スズナリ        8.0  8.0  7.8  7.9
12/05  桟敷童子             海獣                      パークスタジオ 7.5  7.7  8.5  7.9
12/12  劇団TAG              愛しき女(ひと)たち -チェーホフ5作のオムニバス-
                                                                アールコリン   後輩が主催の劇団
12/13  葡萄座                夜曲                  テアトルフォンテ  アマチュア劇団

  注.差し障りのありそうな評価は ヒ ミ ツなのだ。

 今年の独断と偏見で選ぶ観劇・感激賞は、鳥獣戯画「春でもないのに」、椿組「ささくれ大王」、キャラメルボックス「風邪を継ぐ者」で決まり。

1.鳥獣戯画「春でもないのに」
 泣かされました。あの時代、青春が永遠に続くかに思えたあの輝いていた時期、そして別れと挫折、主人公のストーリーに合わせて観客それぞれに思い出を想起させる作りが憎い。 

 そして何よりも主役のさえないおとーさんの歌。不似合いに上手すぎたけど、小田和正の『言葉にできない』というところが憎い。ひょっとすると、ベタな脚本も演出も全てフィナーレで一挙に共鳴による感動を呼び覚まそうという伏線か?

 団員の大量離反後、長い間まともな芝居が打てていなかった鳥獣戯画(独断で失礼)、久々のヒット。ではあるが、青春回帰路線でしか客を呼べない戯画も寂しい。奮起せよ!

2.椿組「ささくれ大王」
 芝居自体は荒削りで完成度は今一だが、外波山演ずる年取って芝居に目覚める主人公に自分が重なり感動。

3.キャラメルボックス「風邪を継ぐ者」
 妻が新聞プレゼントで当てて招待で観劇。何とラッキ-であった事か!役者は、発声が本当にしっかりしており、構成はベタだが、芝居に勢いがありテンポも素晴らしい。キャラメルが人気劇団であるのが理解できた。タダで観て申し訳ないけど、料金がもう少し安ければリピーターになります!(たくさん観たいオバカ夫婦にはちょっと痛い出費)

 振り返ってみると、今年の芝居の上位には、数年前から演る側に戻りたいとグツグツ煮立ってきていた自分の思いを、強烈に刺激した作品が並んでいる。これって、自分の芝居の評価は全然客観的でないって事か。「ウ~ン、それでいいのだ!」といきなりバカボンのパパ化してしまった。

 12月にかに座に入れてもらえたおかげで、来年は30年ぶりに舞台に関われると思うと
夢のよう。舞台に立てるのは何時になるかわからないけれど、部署の異動で忙しくならない事を天に祈るのみ。そして、来年も感動を求めて劇場に通うぞ!(Uejan改めバカボンのパパなのだ)

« 高き彼物 写真館にUP! | トップページ | 金曜日の夜は »

演劇のこと」カテゴリの記事

コメント

キャラメルboxは当日ハーフプライスチケットがあります。
(確か当日の12時までに買いにいかないといけない)
一般的には良い席ではないのかもしれませんが、
私は遠くから舞台を全体的に観るのが好きなので
2階席でも全然OKで満足でしたwink

沢山の書き込みありがとうございます♪

バカボンのパパならぬ、UeJanさん~♪

私もキャラメルボックス大好きです☆
素敵な作品が沢山ですよね~。
かに座の先輩に連れて行ってもらったのが
きっかけでしたよ~。

色々な劇団の感想、楽しみにしています♪

キャラメルボックスの主宰の人は、私の会社の友人の高校時代の友人だとか言ってました。その高校の3年生は、文化祭で、クラス対抗で芝居コンテストみたいなのをするのが、伝統行事だそうです。そこで、目立っていたとか、目覚めたとか言ってました。

会社の友人に誘われ、その高校の今年の文化祭に行ってきました。2クラスだけしか観ませんでしたが、けっこう本気で作っていて好感が持てました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高き彼物 写真館にUP! | トップページ | 金曜日の夜は »

無料ブログはココログ