« 10年分のちらし一挙公開! | トップページ | ある土曜日の稽古場 »

2010年7月15日 (木)

劇団葡萄座「さくらの苑におぼろなる」の照明について

先週末行われた、劇団葡萄座第152回公演
cherryblossomさくらの苑におぼろなるcherryblossom
に照明の勉強の為に仕込から参加させていただきましたhappy02

まずは、劇団葡萄座皆様、「さくらの苑におぼろなる」
大成功おめでとうございますconfidentshine作者さんからの大絶賛もいただきましたshine
役者さん、裏方の皆さま、大変お疲れ様でしたconfident

さて今回、全くの素人の私が照明の手伝いに行きまして、
葡萄座の照明達人flairの皆様からいろいろと教えていただきました。

今回習得できた知識を一度整理したいと思いますshinegood

今回の照明は私は主に二つの部分があると思いますflair
一つは通常の照明で、部屋の中の部分でした。

もう一つは雰囲気を出す照明で、桜の木の周辺の照明とcherryblossom
ラストシーンでの秀一、和哉と道代にスポット当てる照明でしたconfident

部屋の中の部分としては地明かり、ブッチ、前明かりが基本で、
今回はロッキングチェア、台所またはドア外のシーンもあるので、
その三箇所も照明が設置されましたwobbly

灯体としては基本的にDFでしたが、ロッキングチェアなど
強調したいところは凸レンズを使いましたconfident

色は基本的に生(白熱電球本来の色)でしたが、夜のシーンもある為
ダークなブルー(86、78)も生と同じ領域で使われました。

以上は基本的な照明設置で、きちんと理解すべきところですwobblysweat01

それ以外に今回は雰囲気出す部分の照明もありました。
そこは本当に難しい部分だと思いましたbearing

劇の中で何回も強調された

「さくらの苑におぼろなる 夢の色ひく月の影」

の雰囲気を出さなければならないが、どういう色で表現するかは
照明担当者が自分で考えるしかありません。
しかも、考える時間は装置完成後から本番までの間で、とても限られていましたsandclock

なぜなら、今回は沢山のミニパーライトを使いますが、
装置を完成しなければ、セッティングの場所はわからないためですbearingbearing

そこは照明達人のセンスが出たところですねshine
あのおぼろにかすむ月夜の中で燦然と輝く華やかな
五色夜桜はとても美しかったですconfidentshine

今回いろいろ体験できて本当に楽しかったです。
この場を借りまして感謝の気持ちを伝えたいと思います。

葡萄座の皆様、照明達人の石井様、柳川様、
座長の山本様、そして葡萄座の皆様・・・
本当にありがとうございましたhappy02sign03

すもも

« 10年分のちらし一挙公開! | トップページ | ある土曜日の稽古場 »

演劇のこと」カテゴリの記事

コメント

私も観に行きました!
桜がとっても綺麗でしたね♪♪

葡萄座の皆さんはいつも色々な役にチャレンジできて
ちょっとうらやましいです♪

次回も楽しみですね~☆

お疲れ様でしたhappy01
照明って難しいけどヤリガイあるよね。
レポも分かりやすくて興味湧きます。
勉強熱心なすもも君ス・テ・キlovely
その調子で盗んできた技をかに座で披露して
もっと男前になって~happy02heart04

前回は刀を振り回し、今回はビール飲んで団子食べてた葡萄座の者です。


すももさま、仕込みからバラシまで本当に有難うございました。
現場でのテキパキした感じや、このレポートを読んで「私、やばいわぁ」とかなり焦っています。勉強しよ、私。

声がとても素晴らしいかおりん様
焦ることはありませんよ。ともに頑張りましょう。
よろしければ、今度うちの公演のときにも来てください。
仕込み、バラシそして打ち上げにも参加してください。
大歓迎です。
今後ともよろしくお願いします。

照明、一緒にやりましょうsign01

音響はsign02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10年分のちらし一挙公開! | トップページ | ある土曜日の稽古場 »

無料ブログはココログ