« 稽古場日記(10/29) | トップページ | 稽古場日記(11/4) »

2011年11月 1日 (火)

稽古場日記(11/1)

今日は、一幕を中心に二幕を途中まで進めた。

一幕や二幕は久しぶりだったので、台詞が抜けてしまったことが多かった。
私も、ひとつ飛ばして演出助手から、ダメが出た。

今日の稽古終わりのミーティングで、役者はもっと自分を演出家と思って、もっと自分を出せという声があがった。そのためには、台本をもう一度よく読み、自分で想像し、こうやればどうか、ああやればどうかというのをもっと出せということである。

その通り。自分も含め、役への愛着のようなものが足りないのではないかと感じます。もっと自分の役を愛し、愛着を持てば色々変化させていけば、もっと楽しくなる。それが演出的にダメなら更に変えていくしかない。台詞を覚えるのに精一杯で色々変えていくのは難しいのだが、もうちょっと何とかしたいものだ。

残された時間は少ない。

asakiro

« 稽古場日記(10/29) | トップページ | 稽古場日記(11/4) »

稽古場日記」カテゴリの記事

コメント

役への愛着heart02か~confident深いなぁ。
難しそうだけどやり甲斐がありますねwink
産みの苦しみを愉しめるsign02そんな大人に私はなりたい・・・なんつってhappy02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 稽古場日記(10/29) | トップページ | 稽古場日記(11/4) »

無料ブログはココログ