« 稽古場日記(2/7) | トップページ | 稽古場日記(2/10) »

2012年2月10日 (金)

脚本レビュー(喜劇ファッションショー 木庭久美子作)

劇団民藝上演作品。

男4人、女6人

とあるマンションで大金を貯め込んだおばあさんと、間借り人のおばあさんと、大金をだましとる詐欺師と、その詐欺師を狙った詐欺師の人間模様を描いたコメディー。

振り込め詐欺が横行する現代の世情、老人問題などが面白おかしく描かれていて、ラストも面白い。
喜劇といってもドタバタ喜劇ではなく、かに座でやっても面白い作品の一つにはあげられるが、主人公のおばあさん2人のキャスティングが厳しいかな。

折笠安彦

« 稽古場日記(2/7) | トップページ | 稽古場日記(2/10) »

演劇のこと」カテゴリの記事

コメント

喜劇、いいですねぇhappy02
演じるのは難しいけど、観るのは大好きhappy01

かに座の女子部は
おばあさんっぽい人居ないからなぁ
キャスティングが難しいって合点×2wink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 稽古場日記(2/7) | トップページ | 稽古場日記(2/10) »

無料ブログはココログ