« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月31日 (火)

稽古場日記(7/31)

脚本を読んでいると

どうしても

脚本の文字を追ってしまい

その人物になり切れない


学校で教科書を読まされた時

緊張しちゃって

普段ならスムーズに読めるのに

つっかえつっかえになったり

声が小さくなったり

うまくいかなかったという

思い出がある人も多いと思う


基礎台本稽古も同じ

多分自分ひとりで練習すると

ナチュラルな面白い役作りができているのに

みんなの前になると

あれれ?

ってなる


ということで次回からは

一つのお話に限定して

半立ち稽古にして

脚本を離していくことにした


大いに

楽しんでもらいたいです

できれば台詞を覚えて欲しいんです

ほんの5分から10分位の話ですが

どんな物語ができるか

楽しみだよねo(^▽^)o

折笠安彦


1343739864037.jpg

1343739872822.jpg

2012年7月27日 (金)

稽古場日記(7/27)sideB

ロンドン五輪開幕!
寝不足の日々が始まりますね〜。

心にもない時事ネタで始めてみましたが、どうしょうか。

響かない?

響かないのはかに座的ではないですね。精進します。

本日も猛暑日で大変でしたね。
稽古場にも一応クーラーがありますが、ラジオ体操して柔軟をすると汗だくです。

そして本読み。

今日は発声意識の次のプロセス、登場人物の気持ちを捉えての読みに入ります。

発声意識のプロセスよりも、細かい指導が入ってきます。

ポイントは、想像したイメージ通りに伝わっているか。

今使っている本は、気持ちを捉えづらい難しい本なのですが、その分自由さもあるので、それぞれが思う通りに演る事ができます。

そこでイメージした心情をセリフにのせる技術を学んでいきます。

観客と響き合うには、気持ちをセリフにのせていかないとね。

このプロセスも楽しいんですよ。

楽しもう、かに座。

金野

稽古場日記(7/27)

脚本というのは

台詞と

ト書きしか書いてない


だから

そこから想像できる場面は

極端に言えば

無限にある


だから

キャストの数だけ

個性がある


しかし

想像はできても

それを表現することは

難しい


今日は台詞から想像される

場面を各自が表現して

基礎台本を読むことを

稽古した


でも

なかなか難しい

もっと稽古したいと思う

一人ずつを徹底的に


また来週頑張りましょ

次回作品候補絞られてきました


折笠安彦

2012年7月24日 (火)

稽古場日記(7/24)

基礎稽古が始まってどの位になるかな

個人差はあるものの

基礎稽古始めた当初より

発声という面で

かなり進歩してるんじゃないかな


拙い指導で申し訳ないのですが

皆さん頑張っていただいてるので

手応えがあって

嬉しいです

しかし個人の悪い癖というものも

出てきました

その辺りは直していきたいと

思います


また一方では

声も出しつつ

役柄も考えつつ

相手の出方による自分の出方も変えつつ

基礎稽古台本を読んでいく段階から

役作りという一歩踏み込む段階になりました

どうなっていくか

楽しみです

おりさんより

2012年7月22日 (日)

かに座facebookデビュー!

みなさ~ん、お元気ですか~sign02
勤務の都合上、全く稽古に参加できてない中曽根です。

さて、劇団かに座もついにfacebookページを本格稼働いたしましたeye
そして、今回、過去の写真からかに座の軌跡を振り返る「かに座アーカイブ」の
コーナーを作りましたhappy01

第1回の今回は、私こと中曽根がかに座初出演となった平成19年6月の第94回
『嫁も姑も皆幽霊』をご紹介しておりますsign01

週1ペースで更新していこうと思っていますのでどうぞよろしくお願いしますsign01
それから中曽根入団以前の公演も取り上げていきたいと思っていますので、写真を
お借りする場合があると思います。その時は皆々様一つよろしく御願い奉りまする~sign01

劇団かに座facebookはこちらをクリックsign01かに座facebookページ

以上、お久しぶりの中曽根敏郎でした。

2012年7月21日 (土)

稽古場日記(7/21)

連日の猛暑から一転、涼しい一日でした。

涼しい方が稽古する時にはありがたい。

この日は前回見学に来てくれた女子と一緒に基礎稽古。

ラジオ体操、柔軟体操、発声練習、本読み、
の一通りの流れを体験してもらいました。

この日も、始めてなら誰もが通る本読みの指導が入ります。

感情を入れても声量が落ちないように。

大きな声を出す為には腹を使って深く呼吸する。

ゆっくり読む。

これが出来るようになってきて慣れてくると、今度はリズムを作ろうと言われます。

発声は無意識に出来るようになるまで、何度も繰り返し繰り返し丁寧にやっていきましょう。

今回の稽古参加者を見回すと体験入団2人、見学者2人、と新鮮な雰囲気でした。

見学でも稽古に参加できるので、
何度も来てかに座の空気に触れてみてください。

金野

2012年7月17日 (火)

稽古場日記(7/17)

1342530751491.jpg


最近のかに座の稽古場は

昔からいる人が久しぶりに見ると

ここはどこ?っていうくらい

新しい人の割合が多い

基本的な発声練習を繰り返しているだけ

なんですが

継続は力なりで

少しずつ声も出せるように

なってきました

今日稽古場に着くと

新しい人が

基礎稽古台本の自主トレをやっていて

ちょっと驚き!

写真は自主トレスナップです


ベテランも負けてらんないよ

ベテランたちの出席が良くない

仕事も忙しい中ですが

週に一回は

遅くなっても

来てね


さてさて

難航しているのが

次回作品選択

色々と作品への要求も厳しく

なかなか決まりません


他の劇団がどうやって

選択しているのか

知りたいです


でも拙速にならぬよう

キチンと選んでいきたいと

思います


今日も見学の方が来ました。

前回の稽古場日記は飛ばしたので

お知らせしなかったんですが

前回も見学者がいたので

連続です

前回来てくれた方は

今回も来てくれました

いつでも何回でも

来て下さいね

折笠安彦

2012年7月16日 (月)

サイト更新しました

劇団かに座サイトを更新しました。

Topページ、劇団員募集、劇団員紹介のページを更新しました。

劇団かに座サイト

2012年7月10日 (火)

稽古場日記(7/10)

今日から

基礎稽古台本を使った

読み合わせに入った


夜のタクシーという作品で

タクシーの運転手と客の会話が

別々の4つのシチュエーションで繰り広げられるもので

落ちがわかりにくいという難点があるのですが


役柄のイメージはいかようにも広げられ

長さも稽古用にちょうどよいものです


今日は新人さんが3人と

経験者が4人(私も含め)という

何とも理想的なバランスで

稽古することができました


はっきりしていたのは

舞台経験というのは

こうも人を成長させるものかと言うくらい

前の基礎稽古よりも経験者は良くなっていた

経験者と言っても2人は初舞台を踏んだばかりですからね


新人さんは

どうしても役柄のイメージを出すことを意識するため

発声や滑舌が疎かになってしまう


難しいですよね

そんなに簡単にできる人はいません

みんなそうです


次回からは

細かくダメ出しをしていきたい

と思います


新人さんは役柄のイメージよりも

ひとつひとつの音をゆっくりときちんと出す練習を

して下さいね

経験者は単調にならず

台詞のリズムを変えてみることに

トライしてね


折笠安彦

2012年7月 6日 (金)

稽古場日記(7/6)

1341579752316.jpg

1341579765487.jpg

今日の稽古から

基礎台本による稽古が加わりました

基礎台本はずっと同じものを使っているので

そろそろ別なのにしたいという意見もありますが

まだまだ使います

基礎台本はその役柄を固定する必要はなく

自由にイメージして演じることができるので

基礎稽古用と割り切れば

使えます。

台詞もキチンと覚えて演じたら

面白いものができる

カモしれない


というよりも

発声と滑舌のトレーニングに活用する

という方が良いかな


まあ

頑張ろうよ

折笠安彦

2012年7月 3日 (火)

稽古場日記(7/3)

1341318401881.jpg


今日も基本的な発声と

呼吸法、滑舌の練習をしました

今日は単音の発声を練習に加えました

一瞬で吸ったものを

腹筋を使って一気に吐き出します


これで一通り声を出すトレーニングをしました

次回からはこれらのトレーニング成果を踏まえ

基礎台本の読みに入ります

頑張っていきましょう


今日も若い男性の見学がありました。

やる気がありそうなので頼もしいです

折笠安彦

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

無料ブログはココログ