« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月30日 (火)

夜の来訪者稽古場日記(10/30)

モォ〜。

牛の鳴き声が。
モォ〜。
本番が近くなると牛が鳴くんですよね。
モォ〜明日で10月も終わり。
モォ〜本番まで稽古日数がない。
モォ〜大変な稽古。
この時期になると固めるといって、
どんな芝居や立ち位置にするかを決め、
残りの稽古はそれを確実にこなせるようにしていきます。
が、まだまだ模索と直しが入っています。
それだけ難しいお芝居です。
あ、難しいといっても、難解な戯曲とかそういうわけではなく、
とっても面白いお話なので、気楽に見に来てください。
モォ〜モォ〜と鳴いているうちはまだまだ元気。
稽古を頑張って美味しい牛になります。
劇団うし座 金野

2012年10月28日 (日)

夜の来訪者稽古場日記(10/28)

今日は日曜特別稽古の日

元々は装置製作日だったのですが
装置がほぼ完成したため
稽古に振り替えたんです
装置で残っていた作業が
ドアへのニス塗りと電話台の塗装とニス塗り
稽古をしている外で装置チームが塗りの作業を行いました
稽古が終わってからは飾り物の小道具の検討会が行われました
いよいよ近づいて来たなと思う雰囲気ですね
折笠安彦

2012年10月27日 (土)

夜の来訪者稽古場日記(10/26)

今日の稽古は演出の田辺さんがしごとの会合があって遅くなるので、馬場さんのピンチヒッターでした。

2人の演出スタイルは全く異なりますが、目指す完成系は同じです。勿論細部では解釈の違いがあることもありますが。
どちらがどうという訳ではないんです。
違いがあるのが当たり前。演出の意図をくみ取って表現するのが役者の仕事
私はもっとメリハリをつけるようにと言われました。
日曜は集中稽古です。
折笠安彦

2012年10月25日 (木)

夜の来訪者稽古場日記(10/24)

こんばんは!均整の取れたプロポーションです!この体型を維持するのに毎日バランスの取れた食生活を送ってます。二酸化マンガンと塩化ナトリウムがかかせません。それとかっぱえびせんとか。

みなさん!演劇は化学変化!ケミストリーです!戯曲と演出と役者とスタッフがまざりあって爆発します!爆発したらアフロヘアー!カーテンコールは全員アフロヘアーになっているはずです!

爆発までのカウントダウン、あと、え〜と、25,26,27,28,29,30,31,1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16だから。23日です!夜の来訪者の公演開始まであと23!23日間の稽古日はあと11日(くらい)。まだ11日もあります。どんどん化学変化を起こしてます。

今日の稽古は二幕を繰り返しやりました。細かいところを直しています。直されれば直されるほど深みにはまるのが田辺演出。役者達はまだ手応えをつかめていない様子です。う〜ん。無事に爆発できるでしょうか(!?)ご期待ください。

金野

2012年10月23日 (火)

夜の来訪者稽古場日記(10/23)

続きを読む "夜の来訪者稽古場日記(10/23)" »

2012年10月21日 (日)

夜の来訪者装置日日記(10/21)

装置日二日目、予報によると25℃になったとか。
どうりで暑かったわけだ。


おかげさまで塗り物がよく乾きました。
お天道様ありがとう。


Img_4890_2
(頑張る劇団員)


Img_4889
(気力を振り絞る劇団員)


つつがなく進行し、装置日は四日間の予定でしたが、二日目にしてほぼ完成に。
予定していた残りの二日は稽古日になるようです。


増えた稽古日は、演劇の神様からのプレゼントか、はたまた「もっと稽古しないとダメだよ君ら」との啓示か!?


Img_4876_2
(装置作りよりも稽古よりも真剣なお昼ご飯のメニュー選び)


神様の真意はさておいて、装置の具合は上々。


マントルピース(暖炉)の装置があるのですが、裏技で素敵な塗装に仕上げました。


装置監督が塗料と筆と網で加工。これだけで石に変えてしまいます。魔法みたいです。どんな仕上がりになっているかは舞台でご確認ください。


他にも職人の様々な技が光る装置で、お客様を「夜の来訪者」の世界へお連れします!


そして、装置終わりには恒例の飲み会。本日はテーブルに溢れんばかりのお皿が。労働のあとの食事はホントに美味しい。


Img_4883_2
(揚げ物とヘルシーなお蕎麦)


これだけでも劇団に入って良かったなぁと思えます。


Img_4886_2
(労をねぎらう劇団員達)


金野

2012年10月20日 (土)

夜の来訪者そうちび日記(10/20)

そうちび。
日本全国総チビ。
島国日本のスペースは限られているため、住む場所の狭さにあわせて進化した日本人の事。
ではなくて、装置を作る日で、装置日です。
劇団かに座は、作れるものなら自前でなんでも作ります。
舞台装置(壁とかドアとか)もそう。
今回の夜の来訪者では洋風の装置を作ります。洋館です。
第100回公演の時の「そして誰もいなくなった」以来の古めかしい洋風の舞台です。
装置監督の設計図をもとに、ギリギリバリバリ、トンカントンカン、いつもの稽古場が工房に変わります。
今回はかなりハイペースで仕上がってます。
昨今のエコの流れに対応して、過去の装置をリサイクルしてますので組み上がりが早い早い。
もちろん、脚本の雰囲気に合わせて色を塗り直していますが、それでも、もしかしたら劇団かに座史上最も早い完成になるかもしれません。
装置も是非お楽しみください。
明日も総チビです。
金野

2012年10月19日 (金)

夜の来訪者稽古場日記(10/19)

今日の稽古は第三幕

脚本の故八木柊一郎さんの息子さんが稽古見学に来ていただいていたのでいつもと違う緊張感が漂ってました
そのためか一発目は覚えたと信じていた台詞が飛んでしまいました
過去の作品でも脚本の方が見学に来られたことは何回かあるのですがやはりいつもと違う緊張感があって良いなと思います
稽古後も飲み会に残っていただき
この作品を俳優座でやったときのパンフレットから八木さんのこの作品に込めた思いを知ることができたりとても有意義なひと時を過ごすことができました
ますます頑張る意欲が出てきた気がします
折笠安彦

2012年10月17日 (水)

夜の来訪者稽古場日記(10/17)

今日の稽古は二幕と三幕

昨日も書きましたが
稽古が面白くなって来ましたよ
台詞がつっかえるところはあるにせよ役を試せるようになってきました
あー早く観せたい
ってまだ無理でしょ
金曜日はこの作品の脚本を書いた故八木柊一郎氏の息子さんが稽古場に見学に来てくださるそうです
我々に上演許可を快諾してくださりこの作品への思いも送ってきていただいた方です
その方の前でラストの三幕の稽古をするそうです
お会いできるのが楽しみです
少なくとも台詞はちゃんと入れとこっと
折笠安彦

2012年10月16日 (火)

夜の来訪者稽古場日記(10/16)

昨日の一ヶ月前通し稽古も終わり
新たなステップに入りました
昨日は力み過ぎました
どうしてもイベントになると意識してしまう
今日は出来るだけ全身の力を抜いてリラックスするようにしました
そうすると周りが見えて来ます
他の役者がやろうとしていることがわかってきます
台詞も台詞ではなくて意味のある言葉として聞こえてきます
そうすると台詞のやりとりが会話になってきます
見た目の動きだけではない内面の同的な葛藤を表現しないとつまらなくなると言われました
これから稽古は面白くなって行く
そのために台詞は頭に入れなきゃね
折笠安彦

2012年10月14日 (日)

夜の来訪者稽古場日記(10/14)

今日は一ヶ月前通し稽古
朝10時から夜8時まで
途中1時間の昼休みを入れて
都合9時間の特別稽古でした
一ヶ月前通し稽古は
全幕を通すことで今までの成果を確認し
新たな課題を見つけ出すことを目的にしています
朝から各幕を返しながら稽古を重ね
5時45分からはいよいよ通しました
いやー参りました
台詞が飛ぶわ忘れるはで
今まで問題なかったところまでボロボロになり
新たな課題どころか一から出直して来いと言われた感じです
一人が乱れると他の人も影響を受け負のスパイラルに陥りました
一から出直して来まーす
折笠安彦

2012年10月12日 (金)

夜の来訪者稽古場日記(10/12)

今日は二幕

個人的なことですが
私は二幕が一番苦手です
ある人物の呼び方をいくとおりにも使い分けたり
似たような描写が色々出てきて
タイミングがわからなくなったり
苦戦してます
それと台詞がない時も目線や表情に気を配らなければならず
大変疲れます
演出には体調がよくないのかとか
もう疲れたかと言われたり…
自分でもわかるんですよね
また脚本を反芻して
台詞をしっかり頭に入れます
そうなるとだいぶ楽になりますから
折笠安彦

2012年10月11日 (木)

夜の来訪者稽古場日記(10/10)

今日は第一幕に戻り、台詞を確認しながら若干の動きもつけながら、三回繰り返しました。
今度の作品はミステリーで台詞劇なので、派手な動きはありません。
さて、舞台上での動きには意味がなければなりません。
それを想像しながら表現する必要があります。
立ち位置もそうです。
客席からみておかしくないか、意図した意味がお客さんがわかるかを考えなければならない。
しかし、どうしても役者がやりやすいようにやってしまう。
おかしいと思っても瞬間的に修正がきかなくて、客席からみて不自然なまま演じてしまう。
もう一人の自分が客席からみてくれているとよいのだがちょっと無理だなぁ。
金曜日は二幕ですよ。
折笠安彦

2012年10月10日 (水)

夜の来訪者稽古場日記(10/9)sideB

個人的に疲れました。
ちょっと感情を入れすぎてすこぶる疲れました。
下手したら今がピークなんじゃないかと思うくらい。
今週の日曜日1ヶ月前の通し稽古があります。
まだ1ヶ月と考えるか、あと1ヶ月だと考えるか。
セリフの入りも微妙なところ、まだまだプロンプターの力が必要です。
と言うような感じですが、
本番当日までには、ばっちり仕上げて皆様に最高の舞台お届けします。
今にしてやっと、脚本の輪郭がつかめてきました。
細部の作り込みのために神経を集中させて稽古に臨みたいと思う所存でございます。
本日は見学の方がいらっしゃいました。
また遊びにいらしてくださいね!
金野

夜の来訪者稽古場日記(10/9)

今日は三幕の繰り返し

なかなか役者の台詞が入ってないので
バシバシとプロンプトが入ります
意味は通じても台詞が違っていたら
やはりビシバシと入ります
やっている役者としては
言ってることわかるじゃん
とも思うのですが
そこはやはり
脚本通りでなきゃいけません
そのようなプロンプトも今度の日曜日までです
個人的には役のイメージ作りに早く入りたいので
いつになく集中して台詞を覚えたため
まずまずだと思います
でもすぐにこぼれ落ちるので
繰り返し台詞の確認は続けていきたいと思います
すみません、諸般の事情で稽古場日記が2回スルーしました
稽古場日記ご愛読の皆さんにはご心配おかけしました
お詫びします
折笠安彦

2012年10月 3日 (水)

稽古場日記(10/2)

今日から予定通り

脚本を持たない立ち稽古に入りました
まずは第一幕から…
台詞に詰まったり間違えると
演出助手から
ビシっとお助けが入るのですが
演出助手以外からも3人位の人から同時にお助けが
ビシっ、ビシっ、ビシっ、と
入るので
役者としては3人から叱られている心境
でも今のうちにビシバシ言ってもらわないと
変に台詞が入ってからだと
直らないので
ドンドン入れて下さい
明日とあさっては店内ポスター貼りの日
稽古の後
ポスターに両面テープを貼る作業が行われました
もうそんな時期かぁ
さて今日入団された方がいます
年配の男性
ゆっくりお話しもできませんでしたが
見学かなと思ったら
入団されたので
ちょっとビックリ
よろしくお願いします
折笠安彦

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

無料ブログはココログ